2009年02月11日

誰も守ってくれない

映画観てきました。

佐藤浩市 志田未来 主演 「誰も守ってくれない」

少年犯罪の犯人の家族と、それをマスコミから守る刑事の物語。


少年犯罪・・・というのはここで敢えて触れずに言わせてもらえれば。
どうにかならないんでしょうかね?
この、なんでもネットで攻撃できる世の中。
匿名で他人を攻撃できる怖さ。

秋葉原の無差別殺人の時も思いましたが
目の前で人が倒れていても、それを助けるよりも先に
写メ撮っちゃう無神経さ。

そりゃ、私だって近所に火事があれば野次馬になりますよ。
だけど、それ、写メ撮ろうとかって思ったことありません。
近所への延焼は大丈夫なの?(コッチこないでよ)
なんか手伝うことある?(あるわけねーだろ!)的な発想。

写メ撮って友達に送るなんて
そんなことして人として恥ずかしくないのかい?

今は情報が溢れているけれど、みんなが支持している意見が
必ずしも正しい訳ではなくて、情報に踊らされず
自分の目で見て、自分で考えて情報選択をしなければ危ない。
群れに巻き込まれても、自分を見失ってはいけないな・・・

そんなようなことをちょっとでもわかってもらえたら、
というか、考えるきっかけにでもなれば・・・と思って
わざと娘にもこの映画を観せました。

わかったのか、わからないのかは不明ですが・・・

あと、犯罪者やその家族を乗せた車をマスコミの車が執拗に
追いかけてくるシーンがあるのですが、
そういうのこそ、警察の権力を使って罰することはできないのでしょうか?

う〜・・・そうすると報道の自由が失われて、
それはそれで危険な一面があるのでしょうが。

でも、なんでもかんでも覗き見しようというような
三面記事的な風潮はどうしても好きになれません。
パパラッチ大嫌い〜



「誰も守ってくれない」公式サイトはこちら。
http://www.dare-mamo.jp/ 

posted by おでこ at 23:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。