2009年03月12日

死刑

090310_1532~02.JPG090310_1532~01.JPG



裁判員制度で、もし自分が裁判員に指名されたら?

それが、もし凶悪事件で、誰がどう見たって被告人が悪くて
情状酌量の余地なし。 死刑が妥当だ・・・

そんな場合だったら?

私は、たぶん死刑に賛成するでしょう。
そう思っていました。
この写真を見るまでは。


ひとつは、1950年代。日本の絞首刑の刑場。
足元の床板が開き、2階の高さから1階の高さへ落ちることにより
首を吊る格好になる・・・

もうひとつは海外の刑場で、椅子に寝かせて薬物を注射するのだとか。


現場を見たからといって躊躇するのは間違っていると思います。
けれど、言葉で「死刑」というだけでは
死刑の意味が軽く感じられるような気がするのは私だけでしょうか?
裁判員の人たちは、死刑がどんな場所で、どんなふうに執行されるのか
知っておくべきなのではないでしょうか?

日本で絞首刑が行われる場合、床板を開ける時のスイッチは
3つあって、3人の刑務官が一斉にスイッチを押すのだそうです。
(1つだけが本物のスイッチで、他の2つはダミーですが
どのスイッチが本物だったのかはわからないようになっているそうです)

「死刑」と確定した人の刑を執行するにもこのような配慮が
必要なのに、刑を確定する裁判員が現場を知らなくてよいものか?

なにか、非常にモヤモヤしたものを感じ始めた私です。
裁判員。なりたくないなぁ・・・



posted by おでこ at 00:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。