2009年09月14日

拘束


以前、私と同じユニットにいた常勤さん。
他フロアのリーダーが退職するのにともなって
ユニット異動になり、リーダーの職につきました。

そのフロアには、全身にカサカサした発疹がある女性利用者がいます。
いつもいつも、体のどこかを掻いています。
もう、肌の質感が変わってきている。
軟膏処置をしていますが、いっこうに良くなりません。
入所してきた時から、そういう皮膚の状態です。

まぁ、できるなら掻かないですごしたほうがいい。
それはもっともな話です。
けどねぇ・・・痒いんだもの。認知症も入ってきているのだもの。
掻くなと言われたって、手の届くところは掻いてしまうでしょう。


さて、新リーダーになった彼女。
・・・前からくせものだとは思っていたのですが・・・
リーダーになったら途端に威張りまくり、
天下でもとったかのような振る舞い。
もともとそのユニットにいた介護員達は驚くとともに、すぐに辟易・・・

彼女が夜勤だった翌朝、出勤してきた早番が仰天。

発疹の利用者さん。
腕に包帯ぐるぐる巻きにされた上にミトンを着けられている。
さらにパジャマを着せられ、パジャマの上からも包帯ぐるぐる・・・
ミイラかと思ったそうです。

誰がこんなことを・・・って、夜勤者しかいません。
例の、リーダー。

いったい何の権利があってそんなことするのか。
医務からもそんな指示でていませんし。
・・・ってか、それ拘束でしょ?


リーダー自らそんなことしてどうするのよ!

・・・と、嘆いていたら、この春初めて介護の仕事についた常勤さんが
「拘束って何ですか?」

はぁ?アンタ大学出たんだよねぇ?
福祉の資格ももってるんだよねぇ?

ダメだ、あの施設。
レベル低すぎ!




posted by おでこ at 22:48| Comment(5) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。