2009年10月12日

せっかち


同僚なんですが。
悪い人じゃないのはわかっています。
従来型の施設から来て、なんでもサッサとやりたいのもわかります。
けど・・・あなたのそのスピード、従来型から来たから・・・
だけじゃないよね?
たぶん、もともとせっかちなんだよね?

そういう私は、自分で言うのも変だけれど、スローペース。
いわゆる「のろま」ってヤツなので、
私の動きかもどかしいのもなんとなくわかる。

でもさぁ・・・お年寄りって、早いペースはたいがい苦手なんだよねぇ?

ユニット型って、居室を自宅と思ってもらおう・・・的な
考え方もあるんだから・・・

時間になったからって、寝ている人をたたき起こして
「お茶です!」ってリビングに連れてきて
なにがなんでもお茶飲ませなきゃならないものなの?
そりゃ、もともと水分摂取量が少なくて、どうしても飲んでよ・・・って
利用者さんも中にはいらっしゃるから、そういう人には
半ば強引にお茶をすすめてもよい(よいのか?)と思うけれど
頭がクリアで、自分の意志もはっきりしてる人に対して
そういう強引さは、どうなのかなぁ?

点眼薬も、時間が決まってはいるけれど、
なにがなんでもその時間につけなきゃいけない?
どうしても自分が点眼の介助したくて、先走って
時間より前に介助しちゃうことが多々あるんだから
たまには時間の後ろ倒しも、ちょっとくらいならアリなんじゃないの?
気持ちよく昼寝してたのに「目薬です!」なんて起こさなくたって
いいと思うよ。

「○○さん、お茶いらないって言ってました!」と私を制止するけど
お茶のカップを部屋に持っていって
「飲んでも飲まなくてもいいから、もし気が向いたら飲んでみて」と
置いてくると、大抵の方は飲んでくれているんだけど・・・
その時にはお茶いらないって言ったかもしれないけど、
じゃあ、数時間後に、さっきの分のフォローの水分、すすめてる?
お茶の時間じゃなくたってお茶出しちゃいけないわけじゃないよね。

洗濯機の音が気になってイライラする利用者さんがいるんだから
ちょっと洗濯物が出る度に洗濯機回すのではなく、
洗濯物がある程度溜まってから回せばいいんじゃないの?
いつ、どのタイミングで洗濯物が出るかは、ある程度予測がつくんだし。

なんでも自分がやりたい。
動き回っていたい・・・
そのほうが仕事してるように見えるし・・・

その気持ちはわかるんだけどさ。
少し落ち着いてもらえないかなぁ?
私もやりにくいんだけど?

遠回しに伝えようと試みたけど、
全然つたわってないよね?多分・・・(-_-;)

posted by おでこ at 22:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。