2009年11月06日

名は?

今は昔、竹取の翁といふものありけり。
野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに使ひけり。
名をば、さぬきのみやつことなむいひける。

              竹取物語(作者不明)より


竹取物語。いわゆる「かぐや姫」のお話の一節です。

さて、問題。

翁の名前はなんというでしょう?



中学1年の古文の問題です。
この問題、生徒はことごとく
「竹取の翁」と答えるそうです。

なんで?
だって、文中で「名をば、さぬきのみやつこ・・・」と
言っているじゃありませんか。

正解は「さぬきのみやつこ」です。

正答を聞いても、生徒たちはまだ「???」となっているそうです。
「名をば」の意味がわからないらしい。

大丈夫か?日本人。



:口語訳:

今ではもう昔のことだが、竹取の翁とよばれる人がいた。
野や山に分け入って竹を取っては、色々な物を作るのに使っていた。
名前を、さぬきのみやつこといった。


・・・ね?
posted by おでこ at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。