2009年12月14日

泣きました

091212_2228~01.JPG




愛する妻が死にました。 だから私は旅にでます。


観てきました。Disney・PIXER映画


「カールじいさんの空飛ぶ家」


妻との出会いから別れ(死別)まで、最初の10分くらいで
描かれてしまうし、その間、あまりセリフもないので
「?」と思ってしまいました。もしかしてつまらない映画?
・・・なんて・・・^^;
その後しばらくも、苦虫を噛みつぶしたような愛想のない顔で
過ごすカールじいさん。頑固で偏屈?
可愛げないなぁ。

しかし、いくつになっても冒険はできるのですね。
笑いもところどころにちりばめられていて
大人が観ても充分楽しめます。
(子供も大勢観にきてましたが、全部わかるのかな?
なんかもったいない気がする)


最初に家が宙に浮かんだ時に、ちょっと涙がでました。
そこ、泣くとこじゃないと思うけれど・・・^^;
かつて、スピルバーグ監督の「ET」を観たとき
自転車が空を飛ぶ場面で泣いた私ですが。
飛ぶはずのないものが飛ぶと泣くのかしら?私(^^;)

それから、降下してゆく家とサヨナラするところと
ラスト近くでアイスクリームを食べるシーン。
泣きました・・・

イライラしてワクワクして、笑って泣いて・・・
ラストはなんだか切なかったのだけれど
映像もきれいだし、面白かったです。
高齢者介護の面からも、ちょっと考えたりして。


3D版(別料金)もあったのですが、
3Dじゃないほうの日本語版を観ました。
沢山の風船とともに家が飛んで行くシーン、
3Dだったら迫力満点なんだろうなぁ・・・
(でも3Dって、なんか酔うし)


同時上映の短編 「はれときどきくもり」

これも可愛くってほんわかしちゃう、夢のある作品でした。
この短編だけでも満足しちゃうかも?



いくつになっても夢を持とう。
冒険しよう!


http://www.disney.co.jp/movies/carl-gsan/index2.html
posted by おでこ at 22:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。