2010年01月31日

心の声

金曜日、とっても落ち込むことがありました。

四肢麻痺で、気難しく我が儘な利用者さん。
ここでも何度か書きましたが・・・

お風呂から戻ってきて、ちょうどユニットに届いていた
おやつの介助をして、車椅子を居室に押して行き
テレビの前の定位置につけてブレーキをかけ
「これで大丈夫ですか?」と声をかけて
リビングに戻ろうとしかかった時
利用者さんが「おでこさん」と呼びました。

「はい?」

「来月は私の誕生日」

そうですよね・・・と言おうとした瞬間、利用者さんは

「そして私の命日!」
叫んで急に泣き出したのです。

この方、脳幹出血で不自由な体になられました。
たぶん、2月に倒れられたのだと思います。

「49歳の時にこんな体になった!」(現在63歳)
「2〜3年だろうな・・・って思っていたら、こんなに生きちゃって」
と、辛そうな顔をなさる。


この方、地元の有名高校を主席で卒業し、W大学に入学。
その後も華々しい道を歩んできた方。
普通に話をしていても、頭の良さが伝わってきます。

そういう人が、若くして四肢麻痺、左目の視力と左耳の聴力も
失い、言語不明瞭。他人よりずっとプライドが高いのに
自分でできることはごくわずかしかない生活。

どんなに辛いか、なんて本人以外にはわかり得ないことでしょう。



普段、周囲のことには我関せずで、自分の方針を貫き通し
悪い言い方をすれば「俺様」状態で、もちろん泣いたことや
弱音を吐いたことなどなく、強く生きている人が
思いがけない時に思いがけない姿をさらしている。
いわゆる「感情失禁」というのはこういうことなのか?


「辛い」ってことがビンビン伝わってきているのに
私はどんな言葉をかけて良いのかも判らず
ただ彼の肩を抱いて、自分も一緒にウルウルべそをかくことしか
できずにいました。

少しすると、利用者さんはいつものようにテレビのスイッチを入れ、
いつものように「どうも」と言いました。

「○さんがいなくなったら私はイヤです。長生きしたくないなんて
言わないでください」なんて、バカみたいなことしか言えず
居室を出ました。。。

その後、私は平静を装っていましたが動揺が治まらず、
ず〜っとドキドキしたまま。
さっきのことを記録に残している時も涙出そうになるし。(/_;)


夕方、帰る前に利用者さんの居室に顔を出し
「大丈夫ですか?」と聞くと
「何が?」という表情の利用者さん。
「さっきは私、もの凄くビックリしたんですから」と軽く睨んでみた。
利用者さん、ニヤリと笑みを返してきました。
・・・とりあえず、もう大丈夫みたい。。。

でも私は、家に帰っても気持ちを引きずったままです。
2日経って、やっと自分も落ち着いたけれど・・・

普段、他人に見せない感情に触れてしまったのに
私にいったい何ができるのでしょう?

ただ、長生きしてねとか、そんな空々しいありきたりの言葉は
かけたくない。でも、ほっておけない。
どうすれば良かったのか?


「誕生日プレゼント、何がいいですか?」と聞いても
「別に・・・」ととりつく島もない返事。
なにか・・・すっごく意外ですっごく喜んでもらえるような
プレゼントってないかな・・・?


私、人の心のことには興味はあるけれど
臨床心理士とかカウンセラーには絶対向いていないと思う、今日この頃。
posted by おでこ at 17:12| Comment(5) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

梅〜は〜♪

100130_1106~01.JPG100130_1019~01.JPG



暖冬の影響で梅の開花が早いそうです。
おでこ地方も、まだ1月なのにこんな感じです。
posted by おでこ at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

ケーキ

100124_1732~01.JPG



なんだかケーキが食べたくなって、
ケーキ台と生クリームを買ってきて
丸いケーキ作りました。

これをペロリと・・・食べちゃダメなんですよね。。。
でも、甘いモノはやめられない〜。

電動の泡立て器があるのですが、
箱だけあって中身が見あたらなくなっており、
不覚にも自力で生クリームを泡立てることになりました。
・・・死ぬかと思った。
ちょっと前までは手動で泡立てるのなんて当たり前だったのにね・・・
posted by おでこ at 22:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

介護員

先日、痛み止めではなく眠剤飲まされて
膝蓋骨骨折してしまった利用者さん。
当然、入浴なんかできません。
入浴できなかったら普通は清拭しますよね?

・・・しないんだな、みんな。
言われなくてもやろうよ!

あまりにほっておかれた利用者さんから
「体拭いてもらえる?」と言われて初めて動く。
なんだかなぁ・・・

できるなら毎日だって清拭してあげたい。
そうは思わないのかなぁ・・・

それに。
清拭の時、私はグローブを2枚以上重ねなければ触れられないくらいの
あっつ〜いお湯を使いますが・・・清拭しているうちに冷めるし。
それで拭いたら、利用者さん
「あ〜、気持ちいいね。他の人はこんなお湯使わないから」
へっ?
もしかしてぬるいお湯でタオルしぼってる?

自分がやってもらうとしたらどう思うか。
どうしてほしいか。
考えたこと、ないのかなぁ?みんな。。。(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)
posted by おでこ at 22:46| Comment(16) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

a good hasband

100127_1434~01.JPG



仕事が休みでレディースデーだったので、映画を観に行ってきました。

豊川悦○×薬○丸ひろ子
『今度は愛妻家』

どうしても見たい!という訳ではなく、
↑に書いたような理由から「映画でも観るか・・・」的な気持ちで
どうしようかな〜・・・と半分迷いながら劇場へ。

夫婦が喧嘩して、ラストで「やっぱり俺にはおまえじゃなきゃ・・・」
なんてセリフで終わるようなラブストーリーを想像して行きました。
きっと、私は観た後で反感を感じるんだろうな・・・とか、
いや、まて。ラストは意外に妻が夫を捨てて終わりか?等と
考えたりして・・・


が!


ストーリーは意外な展開で。
泣きました。
「え?」「え?なにそれ!」と思う場面が2ヶ所。
誰が考えたんだろう、あのストーリー。
小説なんかだったら、そういう展開は卑怯!なんて思ったかも
しれないのですが、それまでの映像を見ていただけに
「へ?」って。

やられました・・・。
1本とられたカンジ。

薬○丸ひろ子がまた、可愛いんです。
あんなにチャーミングな女優さんだったっけ?(失敬!)


あまり期待せずに観た映画だったのに、
思いがけず面白くて、よかったです。

公開してから時間がたっている映画だからか
空席が目立ちましたが、映画が終わって退場するお客さんは
全員女性でした。(たぶん)
やっぱり「愛妻家」なんて映画は男性は観ないですかね〜。
友達同士で来て「旦那にも見せたい」と言っている人もいました。
(私は嫌ですけどね・・・旦那と観るのは)

でも、男性があの映画を観てどう思うのかは興味あるなぁ。。。

脇役で出ていた石○蓮司さんがイイ味出していましたよ。

昔は邦画=つまらない と思っていましたが
面白い映画が多くなってきて嬉しいです。
posted by おでこ at 20:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

ギターの練習

最近、頻繁にエレキギターの音が聞こえます。
ベースかなぁ?

隣の家。(マンションなので隣の部屋というべきか?)
夜11時頃から練習タイムのようで。

なんで「そろそろ寝ようかな」という時間になってからやるの?

お母さん(奥さん)何も言わないの?
お母さんが弾いてるのか?

マンションって意外に音が響くので
低い音でボボボボボボボボボボ・・・・とやられると
寝ている枕元でギターを弾かれているような感じで。


どうしたらいいと思います?
posted by おでこ at 23:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

食べほうだ〜い♪

100122_1240~01.JPG100122_1235~01.JPG



ちょっと嬉しいことがあり
また行ってきました。ランチバイキング。

今回は初めて行く、和食系の食べ放題。
ピザや生クリームのケーキなどはありませんが
よく煮込んだ大根とイカの煮物とか雑穀ごはん。
カラッと揚がった天麩羅など・・・
カレーや酢豚もありましたが
カレーは薬膳カレー。酢豚のお肉は、お肉ではなく大豆蛋白。
デザートは冬瓜の蒸しパンや杏仁豆腐。小さなマフィンなどがありました。

ピザも大好きなんですが、どちらかというと
この、和食系のほうが好きだなぁ・・・と思いました。

いつものお約束なのですが、卑しくお腹い〜っぱい食べてしまったので
ランチを食べに行ったのに、夜になってもお腹がすかず
夕飯は食べませんでした。
・・・そこまで食うか!ですよね(^_^;)

なんだか今後しばらく和食にハマリそうな予感。




posted by おでこ at 22:48| Comment(5) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

介福試験

今年、介福試験を受けるという同志に
「今日の試験、頑張れ!」と激励メールを送ったら・・・

「試験は来週だよ」と返ってきた。。。

あ?
そうか、31日が日曜日なのね?

こりゃまた失礼いたしました!!!!

posted by おでこ at 22:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

もっと勉強しろ!

膝と腰が痛くて、長い距離の移動が難しいので
車椅子に座っている利用者さん。
立とうと思えば立てるし歩くことも可能なので
トイレも自立。 90歳になるけれど転んだことがないのが自慢。

その方が、先日、夜間に転びました。
膝蓋骨骨折。


利用者さんはその夜、足が痛くてたまらないので、夜勤の介護員を呼び
ユニットで預かっている痛み止めを持ってきてほしいと頼んだそうです。

で、夜勤者は錠剤を持って行った。

利用者さんは
「いつも飲んでる痛み止めはこれじゃない。こんな色の薬じゃない」
と言い、夜勤者は「もう一度見てくる」と言って
薬置き場を見に行ったものの
「これしかないです」と戻ってきたそうで。

これしかないと言われた利用者さん、痛みには勝てず、
その薬を飲みました。

しばらくしてトイレに起き、用を足してベッドに戻ろうと
したときあたりから、よくわからなくなってしまったそうで、転倒。
朝、転んでいるのを発見されました。


夜勤者が痛み止めだと言って渡した薬は、
なんと睡眠導入剤ハル○オン。
一時期、とっても問題になっていた薬ですから
若い人でもその名前くらいは知っているのでは?・・・と思います。
眠剤のせいで意識が朦朧としてしまい、転倒に至ったというのが
事実のようですが、事故報告にも日誌にも、薬のことは
記載されていません。

なんてこと!

夜勤者は「この薬しかない」と言ったそうですが
私が出勤してから薬置き場を見たら
その利用者さんの名前の書かれた痛み止めの薬袋は
その場所にあったし、ハル○オンが入っていた袋には
「ハル○オン  眠れないとき」と明記してありました。

しかも、利用者さんは鼻血をだしていたようなのですが
血のついた顔のまま寝かされていたそうです。。。

なんてこと!

その夜は、他にも2人転倒し、飲むべき薬が床に落ちているという
事故もあり・・・

言いたくないですが、この時の夜勤者が夜勤の時は
事故が多いんです。
もう少し考えてもらいたい。
なにかあればすぐに言い逃れるし、それで良いと思っているのでしょうか?

それに、夜勤明けで帰るときも、転倒した利用者さんのところへ
一度も顔を見せずに帰宅してしまったそうです。


それ以降、初めて出勤してきたときも
真っ先に謝罪に行くかと思いきや、
「こんなことになって迷惑かけてごめんね。これからもよろしくね」と
謝ったのは利用者さんのほう。
何故、介護員のミスで転ばされて、怪我を負わされ痛い思いをしている人が
謝らなければならないのか?
理解できません。

この介護員、親が上と絡んでいます。
だから何をしても許されるとでも?


ふざけんな!
悪いと思っているならちゃんと謝れ!
嫌ならサッサとやめちまえ!


こんな人と十把一絡げで「介護員」と一緒にされたくありません。
posted by おでこ at 18:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

1kg

100122_1602~01.JPG



東急ハンズにて。
でっかいプッチンプリンのキットを発見。

牛乳1リットルを使って作る1s越えのプリン。

バレンタインコーナーに置いてありましたが
これ、作ってどうするの・・・?
posted by おでこ at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

ほとんど全部




私、ほとんど全部目標にしたいんですけど・・・たらーっ(汗)

とくに、7位の「チャンスを逃さない」なんて
ウジウジ考え込むタイプの私は最も苦手とするところ。

ほんと、課題が多くて困りますわ・・・^^;
posted by おでこ at 15:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

そういう意味じゃないよね^^;

入浴介助中の会話


洗体をしていると・・・


Y氏 「おでこさん」

私  「はい?」

Y氏 「おでこさんて、お母さんみたい・・・」


(母親のように口うるさくガミガミ小言言ったりとかしてませんよ、
念のため・・・)


お母さんって。。。

私はいったい何歳なのでしょう?
posted by おでこ at 20:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

近未来

娘が、学校のスキー教室で他県にでかけ、2泊してきます。
今朝でかけたばかりなのに、家の中は火が消えたみたい。

だ〜れも喋らないし、ご飯を作る気にもならない。

もし娘が親元を離れて暮らすようになったら、
毎日こんな日々を送るのですね。。。
つまらん、実につまらん!

私、一気に認知症になってしまいそう。

でも、娘が巣立つのは、そう遠くない未来のはず。

ヤバイぞ、私!
posted by おでこ at 22:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

福袋

100111_1123~01.JPG



今さら・・・
なんですが、お正月に買った福袋。
気に入っているコーヒーショップの前を通りかかったら
福袋として売っているバッグが気に入り
中身は食べ物だということなので
う〜ん・・・と、迷っていたらラスト1個になってしまい・・・

ラスイチと聞くと、私の卑しさ炸裂しちゃうもので
購入!となりました。

中身は外国製のクッキーやチョコレート等。コーヒーも入ってました。
なぜか、1点だけ日本製のシブイ「干支チョコレート」
庚寅が入っていましたが。

普段は福袋には見向きもしないタイプなんですが
これは、「袋が呼んでいる」感じがしたんです。
ホントに福も入っていたんだ!・・・と思いたい。
posted by おでこ at 20:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

17日

私は被災してはいませんが・・・

阪神淡路大震災から、もう15年も経ったのですね。

あの朝の衝撃的な神戸の映像は、被災していない私でさえも
いまだに忘れることができません。


先日、テレビでやっていた「かみさまのいじわる」という番組の中で
被災した当時、小学生くらいだった人が15年経って大人になった姿で
インタビューに応じていました。
みんな、最後に「神様はいじわるだと思いますか?」と
質問されていましたが

皆、同じように、ちょっと怒ったような目になって
「いじわるです」と答えていました。

そう思うのが当然ですよね。
あまりにも過酷な出来事で、見ているだけでも泣けてくる。

地球上に住んでいる限り、避けられないこととはわかっていますが
もう二度と、あんな悲しいことが起こらないように、心から願います。
                              合掌

posted by おでこ at 22:42| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

同じで〜す




ほとんど同感です。
・・・というか、安いものしか買えないんですが(涙)

でも、おでこ地方は自治体指定のゴミ袋というのはなく
中身が見える袋なら何でも良いので私がゴミを出すときに
使っているのはコンビニ袋。
ケチなので、捨ててしまうもの(ゴミ袋)に
お金をかける気にはなれないのです。

ね?ケチでしょ?(苦笑)
posted by おでこ at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

首輪?

100114_1106~01.JPG


野良猫がたくさんいる畑道にて、
お洒落なマフラーを巻いた猫に出会いました。
お洒落なマフラー、お洒落な・・・・?

これは・・・網?
網の切れ端なの?

近づくと逃げてしまうので
どうすることもできませんでしたが・・・

やっぱり網?
posted by おでこ at 23:23| Comment(5) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

明日に向かって跳ぶ

1月4日付 朝日新聞朝刊に載っていた、宝島社の全面広告。
今頃4日の新聞読んでいるの?
・・・ってとこは、置いておいて・・・


感銘を受けたというか、「ほぉ〜〜」となったので
自分のための覚え書き。(?)
ここに載せておいて、躓きそうになったら読み返そうと思います。



 あけましておめでとうございます。しかしながら、「いや、たいして
おめでたくなんかないよ」と思われている読者の方も少なくないん
じゃないでしょうか。

 政治家や専門家は、よく「景気の二番底が来る」と言います。それを
また、メディアがこぞって取り上げる。「この先に行くと底が抜ける」。
そう言われれば、人間、前へ進む気も萎えるというものです。
 二番底が来る、という言葉は、どこか「外に出ると事故にあうよ」
というのに似ている気がします。そう言われたら誰も否定できない。
否定できないから、みんな内にこもってじっとする。じっとして
カラダも動かさないから、どんどん元気や精気がなくなっていく。

まさしく今の日本はそうではないでしょうか?

 そう、今この国が不景気だとしたら、いちばんの原因は、「この国
は不景気だ」「この国の将来はダメだ。と必要以上に言い過ぎる
ことだと思う。そうやって出てきた言葉を、悪い意味で現実が追っ
かけて行く。それこそ心理不況というものです。
 
 この国の社会インフラやサービスの便利さ、正確さ、丁寧さ・清潔さ
について旅行や駐在で日本に来たことのある外国の人々に
尋ねてみるとわかります。私たちが当たり前のことと思っている
日々の生活環境が、どれだけ進んだレベルかということを。

 国と自治体の借金があわせて千兆円を超えた、的なことばかりが
取りあげられます。でもその一方で、「さて、約千五百兆円という
莫大な個人資産をそう生かすか」とアナウンスがもっとあったら、
資産がない人でもちょっとドキドキすると思いませんか。

 イギリスBBCの調査による、「世界に良い影響を及ぼしている国」
に、日本が毎年トップランクで挙げられていることを知ったら、日本人
はもっと誇りを持てるのではないでしょうか。
 まさにものは考え様。「高齢化」と安易に括りがちな今の日本を、
別の見方からひとりの人間に喩えれば、知識も経験も積み、窮地から
の脱出という他の人が思いもつかないような奇跡を何度も成し遂げ、
またこれから他の誰もが進んだことのない道の先頭に立っている人、
という、全く違う人間像になるはずです。

 明治維新から日露戦争から第二次世界大戦からこのかた、「自分たちは
捨てたものじゃない」と無我夢中で周りを鼓舞してきた人たちが、
険しい山とか波とかを越えて、この国、それどころか世界を、前へ前へ
と進めてきたのではないでしょうか?

 そういう意味で、まずは鳩山総理。いろいろと大変つづきで、
ついつい無表情になってしまうのもわかりますが、今年こそ「日本は
すごい国なんだから、できる!」と、国民にもっと勇気の出る明るい
言葉と表情を、是非とも放っていただきたい。

 そして、メディアには問題点を問題点として暴くという権利と責任
がある、ということを自覚したうえで、宝島社はあえて言いたい。
こういう時代だからこそ、暗い雰囲気を吹っ飛ばして、人々の
気持ちをポジティブにするような「元気になるメディア」としての
役割が、メディアには必要なんじゃないか。

 景気の二番底が来る、みたいなことばかり並べたところで、なにも
生まれることはない。ダメだダメだと言われるより、「できる。」と
言われて子どもが育つように、国民も国も、よい部分を指摘され、
ほめられてこそ成長していけるのだと思うのです。


       日本はうまくいく。と思うことから、日本はうまくいく。

                     2010年正月 宝島社




先の見通しがたたない、先行きは暗い・・・
そんな話ばかりの昨今。
いつも胸のどこかに不安感が渦巻いているような気持ちになることが
多かったのですが、ダメだダメだと思っている事こそが
本当にダメなのかもしれない。

暗い気持ちで過ごしても、前向きに過ごしても
どちらにしてもダメになっていってしまうのかもしれない。
仮に結果が同じだったとしても、過程の違いには意味が・・・あるよね?

そう思いたい。



posted by おでこ at 21:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

ホッとする

四肢麻痺の利用者さん。(気難しい)
毎日決まった時間に新聞を読まれます。
ナースコールで呼ばれて、訪室。
ドアをノックしていつものように
「おはようございま〜す!」と大きめな声で挨拶すると(耳も悪いので)

いつもと違い、利用者さん。
じっとこっちを見ていたかと思うと
「おでこさん」とひとこと。

「はい?」

「朝、おでこさんの顔を見るとホッとするんです、私」

え?えぇ〜?(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)

「何?今なんて言ったんですか?ぜんっぜん聞き取れなかった!
もう一度言ってください」と言ったら

「そんなこと何回も言いません」と利用者さん。

「え〜?なんで? 今、褒められたのでしょ?お願い!もう一回!」

「聞こえてるんじゃないですか」

・・・と、ひとしきりホノボノしてしまいました。


この方、四肢麻痺で怖がりゆえ、入浴介助も注文が多くて大変なのですが
午後の入浴介助でたまたま私がこの方の介助をしたら
「お陰様で今日は気持ちよくお風呂に入れました」
「この前のお風呂(他のユニットの介護員が担当)はダメだったけど」
・・・と、また褒めて頂きました。

落ち込むことが多い昨今、
こんなこと言って貰える機会なんてほとんどありません。
単純といわれてしまえばそれまでですが
これぞ介護職の醍醐味。

単純に嬉しいです。
posted by おでこ at 23:08| Comment(5) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

紳士靴

100111_1630~01.JPG



前から思っていたのですが・・・
こういうタイプの紳士靴。
靴についている紐。
どうも文房具の「とじ紐」に見えるのは私だけでしょうか?

昔、学校の先生が出席簿を綴じ紐で綴じていたような・・・

なんで靴に綴じ紐が?と、いつも思ってしまう私ってへン?
posted by おでこ at 22:57| Comment(5) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。