2009年02月21日

いけないことなのはわかっています

わかっていますが・・・


胃ろうで寝たきりの利用者さん。エアマット使用。
自力排便はできません。

便秘が続くと3日目に浣腸をして排便。
浣腸したあと30分位で反応便が出るので
頃合いを見計らってオムツ交換&陰部洗浄。
お尻が汚れっぱなし、なんてことはあり得ないので
褥創ができることもなくすごされてきた利用者さん。


最近はおたんこナースが浣腸を面倒がって
胃ろう注入の時に一緒に下剤を入れるので
いつ便が出るのかもわからず、出れば多量の水様便なので
口のきけない利用者さんは、便の海のなかに
横たわって、ひたすら誰かが気づいてくれるのを
待つしかない状態。

当然、臀部の皮膚もだんだんトラブル肌になってきます。
このままではいずれ褥創の再発になるでしょう。

看護師に、下剤でなく浣腸に戻すように頼んでも
「上から薬かけて全部出すほうが気持ちいいのよ」と、馬の耳に念仏。
この状況を施設長に話し、
「何故エアマットを使用されているのかわかりますよね?」と
詰め寄ったのは、たぶん去年。
今も、状況はちっとも変わっていません。


悩みに悩んだ末、反則行為と承知の上で
ご家族に全てを話してしまいました。
そして「便の海に寝ている場面を目撃した」とか
「オムツ交換の時にお尻を見たら肌が荒れていた」とか
理由はなんとでもつけて
「下剤ではなく浣腸に戻してほしい(便が出たらすぐ対応できるから)」と
施設長に直談判してもらえませんかとお願いしました。

お母様(利用者さん)のことをとても大切に考えて下さっている
ご家族なので快諾してくださり
「もっと早くに言ってくださってよかったのに・・・」
「ありがとう」
「誰から聞いたとか、絶対言いませんから」
とまで言って下さいました。

これで施設側がどう動くのかはわかりませんが、
利用者さんの苦しみが、ひとつでも少なくなることを祈るだけです。



しつこいですが、良くないことをしたのは承知していますし
施設の信頼を落としたのもわかっています。

でも、黙って見てはいられませんでした。



posted by おでこ at 23:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私が家族だったら、おでこさんに伝えていただき良かったと思います。

高齢者虐待防止法にあたるのではないかと思います。
どこの施設でもやっていることと済ますのではなく
もっと尊厳を守ってほしいですね。

以前施設職員の痰吸引は医療行為か?の件ですが、
最近どこかの記事で読んだのですが見つかりませんでした。
施設職員に限り、痰吸引を認めるか?はこれから検討の
方向で国が動いている所です。
Posted by cyao at 2009年02月23日 00:11
いけなくないです。

「文句があったらやるだけの事を
ちゃんとしてから言え!」
私ならそういいます。
「いちゃもん」つけるつもりなら他にも
いくらでもあります。よかったらいつでも教えます。(笑)

高齢者虐待防止法。まだ日が浅いのでご存じない方も
多いと思いますが。これは強制立ち入り検査もできます。
小泉内閣。唯一この部分だけ褒めます。
Posted by ojin at 2009年02月23日 19:06
♪cyao様

そう言っていただけると少し気が楽になります・・・

この利用者さん、尊厳死協会に入ってらっしゃいます

今の状態では、尊厳もなにもあったもんじゃない。
可哀想すぎます。。。

痰吸引については、いずれ施設職員でも
認められることになると思います。
そうでなければとても追いつきません。
もちろん、研修等が必要になると思いますが。

♪ojin様

「いちゃもん」のつけかた。
是非伝授してくださいませ。
なんせ、そのようなことには不慣れな
ワタクシですので・・・(謎笑)

強制立ち入り検査。
ある日突然やって来て検査してゆくならともかく、
事前に通知しては絶対ダメだと思います。

あんな施設、潰れてしまえ〜!
法人ごと入れ替わったほうがまだマシです。
Posted by おでこ at 2009年02月25日 16:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。