2009年03月05日

おくりびと:3




しつこいんですが、またまた「おくりびと」がらみです。

ここ数日、このテーマ曲が耳について離れません。
頭の中でエンドレスです。

映画を観て葬儀のシーン、別れのシーンも、もちろん悲しかったんですが
全編を通して、私にはグッとくるものがありました。

端から見たら「なんでこの人、こんなシーンで泣いてるの?」
と、いうふうに見えたと思います。



理由は・・・



昔。大昔。

結婚しようと思っていた人が 「おくりびと」だったから。
いえ、納棺師、なのではなく、葬儀屋さんだったのです。
仕事内容を詳しく聞いたことがなかったので、細かいところまでは
よくわかりませんが、きっとたぶん、納棺もやっていたと思います。


大好きでした。

この人と共にに生きると決めていました。

けれど。



バイク2台でデートをして・・・その帰り。
ライダーって、普通は分かれ道まで来たら「じゃあね」って手をあげて
それぞれの帰る道へ分かれて行くんです。

でも彼は、私の家の前までついてきてくれた。

そして、自宅へ戻る途中で事故に遭い、ほぼ即死で亡くなりました。



その人は、自分の勤める会社の人に送られて
旅立って行きました。



映画を観て、そのことを、どうしても彼のことを思い出してしまって
泣けて泣けて・・・だったのです。
予想外でした。


重たい話で申し訳ありません。


もう遠い昔の話。
誰かに話そうなんて思っていなかったし
記憶の奥の奥に封印していたことです。
この想いは、ひとりで墓場まで持って行くつもりでいました。

でも・・・「おくりびと」を観てから、
ずっとモヤモヤしていたのは、
気持ちを吐き出したかったからなのかもしれません。

何故、今になってこんなところで
こんな告白をしているのか。
自分でも自分の行動がよくわかりません。


もしかして私のおむかえが、すぐそこまで来ているんでしょうか?



だとしても、いつかどこかで、どんな形ででも、また会いたい。。。



意外と女々しいんですよ、私。。。









posted by おでこ at 14:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうだったんですか
バイク事故。哀しいですね
いつまで経っても忘れられないと思いますし
忘れる必要も無い。おでこさんと彼との思い出。
はからずも一つの映画が「開かずの扉」を開いた。
なにより亡くなった彼が一番喜んでいるのじゃないか。
そう考えると楽になります。

Posted by ojin at 2009年03月05日 23:01
♪ojin様

・・・あちゃ〜。
見られちゃった・・・
さっき、22時すぎ頃はまだ誰の目にもとまっていない様子だったので
この記事、やっぱり引っ込めようと思っていたら
やたらにPCが重く・・・

コメント頂いていたからのようです(苦笑)

ガラにもないところをお見せしてすみません。


彼の職業。
当時も、大きな声では言えないというか
卑下される仕事だったようです。

その誤解は解きたいなぁと、若い私は漠然と思っていました。
だから、どんな理由であれ「おくりびと」がメジャーになったことは
私にとって「してやったり」の気分なのです。

けれど、この開かずの扉はやはり開かないままがいいかと・・・
開くのは今日限り。
もう一度、扉は閉めておくことにします。。。

コメント、ありがとうございました。



Posted by おでこ at 2009年03月05日 23:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115078496
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。