2009年11月29日

また訃報

・・・と言っても、前の職場の利用者さんですが・・・

両足を切断されていた方です。
夏頃から入退院を繰り返されていたそうですが
とうとう施設には戻れず、逝ってしまわれました。

今朝、元同僚がメールをくれて、今日の14時までは
施設にご遺体を安置しているとのことだったので
急ぎ、会いに行ってきました。

あまり苦しまなかったそうで、病院と行ったり来たりしていた割には
やつれた様子もなく、生前そのままの安らかなお顔でおられました。

私が職場を替えてから、約半年。
こんなに早いお別れが来るのなら、もう少し長くそこに勤めればよかった。
私がいてもどうにもならなかったと思うけれど
もう少し長く、そばにいたかった。。。
そんなことをぼんやり考えながらお顔を拝見したら
泣けてきました。

ご家族の方も、私が辞めるときに「辞めないで」と言って下さったのに
こんな形で再会することになるとは・・・

この仕事に就いている限り、こういう場面に遭遇することは
避けられませんが、何度あっても慣れません。
仕事は好きなのですが、この瞬間だけは「介護職って嫌!」と思います。
遠くない将来に別れが待っていることは最初から解っている筈なのにね・・

残念というか悔しいというか・・・
落ち込みますね。

posted by おでこ at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
利用者さんとの別れ何度経験しても
慣れること無いのでしょうね。
色んな想いに心を痛められたのでしょう
ね。
Posted by まさくん at 2009年11月30日 16:18
この仕事を選んだ以上「宿命」です。
だからといって何度経験しても慣れることはないでしょう。
少しでも関わりを持った人も入れると結構な人数になります。
私でもそうなんだからおでこさんならもっと多いはず。
それだけ悲しい思いをしてこられたんですね

Posted by ojin at 2009年11月30日 20:26
♪まさくん様

慣れたくはないですけれどね。。。
なんとも言えない気分です。

♪ojin様

たとえ宿命であっても
うまい具合に避けて通れると
いいのですが・・・
Posted by おでこ at 2009年11月30日 23:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134278147
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。