2009年12月28日

坂の上の雲




某国営放送で毎週日曜日に放送されているスペシャルドラマ
「坂の上の雲」 
ハマッてます。

なにせ、秋山好古・真之兄弟のカッコいいこと!
・・・というか、明治時代の男子の潔さっていいなぁ・・・と思います。

兄の好古は「男子たるもの、いつも身辺を簡潔にせねばならぬ」と
家にご飯茶碗をひとつしか持たないのですよ。
自分に厳しく、人知れず努力してどんどん上に行く。
好古役が阿部寛だというのもまたイイ!

そして、弟の真之は旬な俳優(?)本木雅弘が演じています。

私の母曰く、
「あの人いい俳優になっちゃったよねぇ・・・モックンだったのに」

・・・同感(笑)


もちろん、お二人のカッコよさだけでなく
ストーリーも面白いのですが(船がいっぱい出てくるせい?)
なんだろう?
明治の、これから発展しようとする勢いやパワーに
憧れているのかもしれません。
「これからだ!」って雰囲気がなんとも羨ましいのですよねぇ。

これから衰退してゆこうとしている国に暮らしているから
余計にそう感じるのでしょうか・・・?

明治時代に生まれて、もし今も生きていたなら
辛い戦争にも巻き込まれただろうし
良いことばかりではなかったのでしょうけれど、
明治生まれの方の芯の強さには、やはり憧れを感じる私です。


posted by おでこ at 20:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おでこさんのおかあさんの
お言葉に私も同感です。
ほんと「モックン」だったのにしぶい?
存在感のあるいい俳優になりましたよね。
明治・・・明るく治めるチョコの様に甘い
時代ではなかったのでしょうが、これから
発展する勢いパワーに漲ってた時代だった
のでしょうね。
Posted by まさくん at 2009年12月29日 12:03
司馬遼太郎。好きな作家です。
「坂の上の雲」はドラマ化されるとは思ってませんでした。
原作者が故人となった今だからできるのかもしれません。
私の中では司馬作品で最高傑作だと思ってます。
ですから最初はあまり期待せずに見てましたが
なかなかいい。なにより原作に忠実に描かれてます。
仰るように配役もいいしそれぞれが選ばれたことを名誉
に思って演じているような気がします。
これからもっと面白くなります。でも次はずっと先なんでしょ?
Posted by ojin at 2009年12月29日 19:26
♪まさくん様

モックン。
ジブがき隊の中で一番打ダサかった?ような気がします。
いつの間にか、アカぬけちゃって・・・
お茶のCMのモックンも好きなのですが、
味のある俳優になりましたね。

♪ojin様

次回がずっと先というのが悔しいというか
もったいない(?)ところですが・・・

記事には書きませんでしたが
正岡子規役の香川照之もいいですよね。
この人、いつも脇のほうにいながらも
キラリと光る名優さんですね。
Posted by おでこ at 2009年12月29日 20:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136617709
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。