2010年01月13日

ホッとする

四肢麻痺の利用者さん。(気難しい)
毎日決まった時間に新聞を読まれます。
ナースコールで呼ばれて、訪室。
ドアをノックしていつものように
「おはようございま〜す!」と大きめな声で挨拶すると(耳も悪いので)

いつもと違い、利用者さん。
じっとこっちを見ていたかと思うと
「おでこさん」とひとこと。

「はい?」

「朝、おでこさんの顔を見るとホッとするんです、私」

え?えぇ〜?(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)

「何?今なんて言ったんですか?ぜんっぜん聞き取れなかった!
もう一度言ってください」と言ったら

「そんなこと何回も言いません」と利用者さん。

「え〜?なんで? 今、褒められたのでしょ?お願い!もう一回!」

「聞こえてるんじゃないですか」

・・・と、ひとしきりホノボノしてしまいました。


この方、四肢麻痺で怖がりゆえ、入浴介助も注文が多くて大変なのですが
午後の入浴介助でたまたま私がこの方の介助をしたら
「お陰様で今日は気持ちよくお風呂に入れました」
「この前のお風呂(他のユニットの介護員が担当)はダメだったけど」
・・・と、また褒めて頂きました。

落ち込むことが多い昨今、
こんなこと言って貰える機会なんてほとんどありません。
単純といわれてしまえばそれまでですが
これぞ介護職の醍醐味。

単純に嬉しいです。
posted by おでこ at 23:08| Comment(5) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホノボノ 心が温まりますね^^
介護の醍醐味、やりがいを感じられることは幸せですね。

気難しい利用者さんにも慕われる。羨ましいです^^
Posted by cyao at 2010年01月14日 20:22
とってもわかります♪
よかったね。おでこさん。

結局、人と人のつながりの部分で支えられているのだと実感してる今日、この頃。

心があるかないか、見分ける力のある方は多いですね。

特別支援学校に通う子供達に接することが、日常となっているポラですが、子供達ってその部分がストレートだから、ハッ!!と、気付かされることも多く、毎日とても心に栄養をもらってます。
Posted by ポラ at 2010年01月14日 22:20
♪cyao様

・・・この話だけ聞いたら羨ましく感じることも
あるかもしれませんが・・・
わたしは「じじい」には嫌われてると思う。
(けっこう引きずるタイプです、私)
誰からも好かれてだれからもいい人と思われる・・・
そんなことあり得ないと知ってはいても
なんとなくモヤモヤした気持ちが残る私です。

でも、声なき声を聞き取りたいと思っている私、
という視点から見たら、四肢麻痺さんとのことは
純粋に嬉しいですけれどね。

♪ポラ様

ありがとう。そうですね。
子供はストレートだから、ある意味怖い。
こちらの胸の内を読まれている気さえします。

心に栄養、いいですね。
きっといつかきれいな花が咲くと思います。


Posted by おでこ at 2010年01月14日 22:54
う〜〜ん、いいですね(^−^)
ほんとほのぼのしますね。
「もう1度言ってください」うふふっ(^_^)v
「あんたよく動いてるね」とは言われた
ことありますが「あんたの顔みるとほっと
する」言われることを目指して頑張んべぇ。
Posted by まさくん at 2010年01月15日 18:44
♪まさくん様

気難しいので周囲から煙たがられてるタイプの人と
一緒になって笑える会話するのって、
お喋りな利用者さんと会話して笑うのと
また意味が違うような気がします。
どっちが大事とか・・・じゃないんですけどね。
Posted by おでこ at 2010年01月15日 23:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。