2009年04月26日

スペシャル番組

・・・今、見ている最中ですが・・・

このテのものは毎回そうですが
暗澹たる気持ちになりました。

でも、介護保険のこと、知らない人も多すぎる。
知らないで「心配」「怖い」と。
・・・そりゃ、怖いでしょうねぇ・・・

私も、今の仕事に就かなければ介護のことになど
耳を貸すことさえしなかっただろうと想像しますが
やはり、心配なことや怖いことに対しては
うやむやにせず、相手を(?)知ることが大切なんだなぁ・・・と
思います。

しかし、介護保険。
利用にあたっては「本人の申請が必要」だなんて
そりゃないでしょ。
認知症なんて、気づかないうちにそうなってしまうのに
「本人の申請」?
おかしいでしょ、それ。
自分で申請できるくらいなら介護サービスなんて
必要ないじゃん。

毎度の事ながら、お上って・・・(-_-;)
posted by おでこ at 21:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

覚え書き

26日(日) 21:00〜
某国営放送のスペシャル番組で
「介護保険が使えない」という
社会から孤立する高齢者の特集を放送するモヨウ。

愛知、岐阜、三重県は別スケジュールのようです。

とりあえず、見るつもりです。
どこかにメモらないと忘れてしまうため、
ここに書いておくことにしました。(^^)
posted by おでこ at 23:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

実験台?

新しく入所された男性利用者さん。
ご高齢でも(当たり前だけど) 自立度が高く強面。(こわもて)
関西出身で、耳が遠いため声が大きい。
事前の情報では「じゃまくさい!」が口癖と聞いています。

じいちゃん(仮称)、リビングでつまらなそうにしている・・・
私と・・・あと2人のパートさん。
2人は介護経験の浅い方。じいちゃんに寄りつかない。

けど、ほっとく訳にはいかないじゃないですか。

恐る恐る話しかけると・・・
喋る喋る。
じいちゃんマシンガントーク。

早口の関西弁。つっけんどんに聞こえる。
大声だけれどロレツがまわっていないところもあり
非常に聞き取りにくい言語。
耳が遠いのも、筆談の一歩手前くらいの重症(?)で
短い言葉なら聞き取れても、長い文章になると
「あ?」と聞き返される。
当然、こちらも相手の耳元に口を近づけて
大声でゆっくりわかりやすく話す。

じいちゃん、実家の商売の話や囲碁の話など
同じ話を何度も・・・ではありますが、沢山話してくださいました。

それを、私たちの後ろで聞いている2人のパートさん。
「何言ってるかわからないよね」
「外国人みたいだね・・・」
なんて言っているのが聞こえます。
じいちゃんのマシンガントークにひとしきりつきあった後
私がフリーになると寄ってきて

「すごいね。おでこさん。話の意味わかるの?」


・・・(-_-;)あのなぁ・・・(-_-;)

正直言って、私だって話の1/3くらいは聞き取れていません。
けど、話の前後関係からそれなりの相づちはうてる。
それに、話の内容を100%聞き取れなくたって
相手を理解しよう、話したい気持ちを受け止めたい・・・と
思っていれば、なんとかなると思うんです。
・・・っつーか、ココロで会話する?


それを「怖そうだから」というだけで近寄らない。
それでいいんですか?


実家の商売の話になったとき
じいちゃんの耳元で
「もうかりまっか?」と聞いたら
笑ってくれたでぇ・・・





posted by おでこ at 20:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

主任

介護主任(♀)も看護主任(♀)も、なんでこう、
「上から目線」なんでしょうねぇ〜?

テンパッてるのを隠したい、最初からナメられたくない、
やっぱり威張ってみたい、自分のほうが実力があると思っている・・・
理由はいろいろあるのでしょうが、もうちょっと
笑顔とか、作れませんかねぇ?

職員に対して、はともかく、利用者さんには
もっと優しく接すればいい・・・というより
優しく接するべきじゃないでしょうか?

四肢拘縮、臀部じょくそうあり、で
四六時中 「痛〜い」と叫んでいる利用者さん。

車椅子からベッドに移るときも、体交するときも
とにかく「痛〜い」

少しでも痛くないようにと、タイミングを図り
そろそろと移乗しようとしている私たちを見て
「できないんだ」と判断したのか
「こうやるのよ」と乱暴にお手本を見せてくださった看護主任。

本人の枕元で
「痛いって言ったってやらなきゃならないんだから
いちいち迷ってないでサッサとやっちゃえばいいのよ!」
ですって。

いや、もちろん、言っていることはわかりますし
実際、それが現実なんだと思います。

けどさぁ? 本人、耳も聞こえているし判断能力あるし
会話もできるんですよ?
なにも枕元で言わなくたってよくないですか?

な〜んで、施設看護師さんってああなんだろう?

介護主任も、「痛〜い!」がうるさかったのはわかるけれど
利用者さん、ベッドに入っているものの、眠ってはいないのに
「今やっと寝たんだから声かけないでよ!」
と、居室の様子を見に行こうとした人を短く鋭く威嚇する。

・・・瞬間湯沸かし器の私が言うのもどうかと思いますが
同じ事を言うのでも、言い方ってモノがあるんじゃないでしょうかね?
まして、人の上に立つ立場の方であれば、なおさらじゃないですかね?

何が気に入らないのかわかりませんが、
いつ見てもヒステリック。
挨拶をしても返事すらしない。


・・・・・・・いつか泣かせてさしあげますけど、覚悟はよろしいですか?
posted by おでこ at 21:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

初仕事

初日の入所予定者は2名。
それに対し、職員は通常通りの人数が出勤。

・・・もう、暇で暇で、死ぬかと思うほど暇でした。
研修の延長のようなことをして暇を潰す私たち。

けれど、夕方近くになって、利用者さんのいる所へ行けと
上から言われ、行ったは良いですが、
ゾロゾロと列をなして行って、壁際に張り付き
皆で見てるだけ〜・・・

「何人かはここに残って(利用者さんの相手をして)、
あとの人は備品の整備して」
と、上からの指示があっても、皆でわぁ〜っと
備品のほうにかかり、利用者さんとかかわらない。

私、ひとり「お隣お邪魔してもいいですか?」と
椅子を持って利用者さんの隣に座りました。
事前のカンファレンスでは、ほとんど問題のない方だと
聞いていましたが、バリバリの認知症のかたでした・・・
同じ話を何十回もエンドレス。
1時間以上私がお相手し続けました。
その間、作業終了した職員が何人もいたのに
誰も交代しに来ない。
・・・つまらなくないのかなぁ?

ま、私は何時間でもお相手しますが、1時間も喋っている利用者さん。
喉だって渇くでしょうに。
・・・だれか茶くらい入れろよ!
と、腹の中でむかつきつつ・・・
退社時間までずっとお相手させて頂きました。

もうひとりの男性利用者さんも可愛いおじいちゃまで、
私が「今日はこれで失礼しますが、また明日お会いしましょう」と
ご挨拶すると
「泊まって行きなさいよ」「ベッド貸してあげる」と
お誘いを受けました(笑)

職員の態度はどうかと思いましたが、
私個人的には つかみはOK ・・・かなぁ?

認知症の方が明日も私を覚えていてくださるかは期待薄ですが

なんというのかなぁ・・・・


これこれ!
この感じ!

なんて、1ヶ月怠けていた仕事の感触を思い出し
なんだか嬉しくなって来てしまった単細胞な私です。


・・・人とかかわるのが最も苦手なはずなんですけどねぇ・・・私。

posted by おでこ at 18:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

介護職の待遇改善?

http://www.asahi.com/politics/update/0327/TKY200903260355.html?ref=rss

厚労省が介護従事者の待遇改善のため
補助金を検討しているそうです。

4月からの介護報酬3%引き上げでは
当初は介護職の報酬が2万円程度アップすると考えられていたが
実際には、3%分は事業者の赤字補填に充てられるだろうと・・・
(今頃そんなことに気づいたのかい?)

しかし・・・
検討ですからね。決定ではないし。
仮に決定になったとしても、本当に報酬アップにつながるんでしょうか?


翻って、私が4月から働く施設。
新規オープンですから前年度の実績がありません。
よって、介護報酬の3%アップは関係ないと
始まる前から宣言されています。

補助金が出たからって、介護職の給料が上がるなんて
他職種の賃金額に近づくなんて、夢のまた夢なんじゃないかと・・・・
(-_-;)

posted by おでこ at 21:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

仕事のこと

2月末で前職場を退職しました。
もうすく1ヶ月が過ぎようとしています。
・・・まだ1ヶ月しか経っていないのか。
もう、遠い昔の話のような気がしてしまいます。


前職場の近くに、4月にオープン予定の
ユニット型特養ホームが建ちました。

実は・・・私、昨年10月にそのホームから内定を頂きました。
次の仕事を確保しつつ、前の職場で働いていました。
本音をいうと、最後まで、どちらで働くか迷いに迷いながら・・・
前の職場の利用者さん、大好きでしたから。離れたくなかった。
でも、それにも増して環境悪化が激しすぎました。
残りたいのはやまやまでしたが、最後は自分の身の安全を
優先してしまいました。

今、新しい施設での研修中。
今日は内覧会を兼ねた開所式です。
けれど、近隣の施設の偉い方々にも招待状をお出ししているので
前職場の施設長も来られる予定。
喧嘩別れをした訳ではないが、できることなら顔を合わせたくない、
という私の我儘を聞いて頂けて、私は今日は家にいます。


・・・始まってもいないのに、こういう事をいうのは
後ろ向きな姿勢でどうかと思いますが・・・

今度の施設。
建物のつくりが悪い。死角が多く、徘徊者が隠れる場所(?)いっぱい。
トイレの手すり、何も考えずに取り付けたのがみえみえで、
殆どが右側についていたり。(右麻痺の人はどうするの!)
ベッドも、節約したのか?「こんなに小さいの?」
寝返りをうったらベッド柵にぶつかりそうな、細いベッド。
(でも、メーカーはパラマ○ントでした)
入浴設備もお粗末。
施設側は「当面、介護度の高い人は入所させない」「だから大丈夫」と
言っていますが、なにが大丈夫なのか?
通常はADLが落ちてゆく方ばかりで、上がる人はまずいないのに。
1年でガックリ落ちる例はフツーにあるのに。
母体の法人は、他県で従来型の特養をやってきたとか。
だからかどうかはわかりませんが、ユニット型をうたっていながら
ものすご〜く従来っぽい考え方。

それから、職員。

あなた、絶対要介助者よね?と見間違うようなおトシの
資格無し未経験者を常勤で雇う。
マナー研修で、外部講師を招いて講義を受けているのに
最前列で寝てしまう、今月高校を卒業したばかりの
オネーチャンを常勤で雇う。
資格ヲタクで、色々な資格を持ってはいるが、人と
視線を合わせない、挙動不審な男を常勤で雇う。

常勤って、ひとりで夜勤やるんでしょうが!!

で、記録作業は常勤のみがやるとか、
なにかにつけて常勤が上。非常勤は下。という雰囲気をつくる。

子供が熱を出したといっては休み、仕事も短時間勤務ばかりの
非常勤をアテにしたくない気持ちは理解できます。
けど、子供が小さかったり、シングルマザーだったり、
働く気持ちがあっても状況が許さないから、非常勤なだけで・・・
夜勤をやらない、というだけで、扱いに差をつけられるのは
なんとも切ないです。
(申し遅れましたが、私は非常勤です)

介護職希望者は少ないというのに、これじゃあますます
人材不足に拍車をかけそうな・・・?


まだオープンしていないので、やってみてもいないことを
嘆くのは、このへんでやめておきますが、
オープニングにかかわるのは今度の施設で3件目です。
さぁ、鬼が出るか、蛇がでるか・・・

なんだか自虐気味なのは気のせいでしょうかね?(謎笑)




posted by おでこ at 15:19| Comment(5) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

祖母のこと

祖母の具合が悪くなってからどれくらい経つでしょう。
90歳を過ぎる頃から、徐々に衰えが目立つようになりました。

介護度、要介護2の頃はデイに行ったりしていましたが
今では要介護4。 歩けないわけではないし、食事も
自分でできますが、時にはそれもままならず・・・

でも、頭はクリアなので なにせ口うるさいというか我が儘放題で
子供が5人もいるから大事にしてもらえているものの
そうでなければきっとウザがられるタイプの老人になっていました。
もしかすると、もうそんなに長くはないのかも・・・


失礼ながら、だれもがそう思っていたのです。

ところが。
93歳にして、驚きの復活。


頭がしっかりしているのは相変わらず。
ですが、以前はトドのように横になってばかりで
文句ばかり言っていて、なんでも「やってもらう」のが基本姿勢でしたが
今は「起きようかな」「自分でできる」という発言がみられるようになり
顔色も表情もいい。
時には「編み物やる」と言ったりもするそうで、
編みかけの、小さな毛糸がありました。


・・・なんで?


今年になって、かかりつけ医を替えたそうなんですが
新しい先生。
語弊があるかもしれませんが「ちゃんと診てくれる」のだそうです。
飲んでいた薬等もきちんとチェックし
「あ、これとこれはいりませんね。もう出すのやめましょう」
症状の変化に伴い、薬もこまめに切ったり変えたりしてくれるそうです。

そして、一ヶ月を過ぎる頃、祖母が元気になってきた。

。。。素人に判断はできませんが、
あの症状は、薬の影響だったのか?と思う気持ちを抑えられません。
あのふらつきは、抗精神薬のせいか・・・?

施設でも、薬漬けでドロドロになっていた人の薬を切って
その人が元に戻るまでには長い時間がかかっていたっけ・・・

しつこく出ていた咳も、何故か治まり・・・

新しい先生は、往診に来たときに祖母がトイレに行っていたりすれば
「あ、良かった。今日は歩いている所を見ることができた」等の
声かけもしてくださるそうです。


お医者様を替えたことで全てうまくいっているわけではないでしょうが、
とにかく・・・良かった!です。

桜の頃に、外に出られるといいんですが・・・ね。





posted by おでこ at 11:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

浴槽に放置

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090308/crm0903080850004-n1.htm


また介護疲れから殺人が起きてしまいました・・・
92歳の祖母を、ひとりでは出られないと知りながら
浴槽の中にに放置し死なせてしまった20代の青年。

仕事もみつからなかったんだとか。

雇い止めや派遣切りにあった人たちを救済するのもいいですが
こういう「介護者」を救う策は何故とってもらえないのでしょう?

こんな事件、これからもっとふえるのではないでしょうか。。。
posted by おでこ at 23:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

歩行器

090307_1452~02.JPG090307_1452~01.JPG



施設で使っていた歩行器は、ただつかまる部分があって
下にコロコロ(小さなタイヤ)がついていて
歩行器ってそんなもんだと思っていましたが
先日祖母宅に行ってビックリ。

今時の歩行器はブレーキはもちろん、
疲れてしまった時のために座るための椅子も
フットレストもついているのですね。
(もちろん、レンタル品です)
私が不勉強なだけかもしれませんが
ほぉぉぉ〜・・・と感心してしまいました。

(けど、小回りがききにくいので、そこがいまひとつ・・・でしたが^^;)
posted by おでこ at 23:39| Comment(5) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

別れの挨拶

利用者さんに別れの挨拶はするのか否か・・・

少し前に、ここで皆さんのご意見を伺いました。

私は・・・やはり、クリアな方にはお話することにしました。

気難しいところがあるので、ちょっと煙たがられているところのある
明治生まれのKさん。
私は、心密かに「自分に似ている・・・」と思っていたので
一番気になる利用者さんでした。

彼女には、最後の入浴介助をさせてもらっているときに告白。

驚いたものの、「仕方ないけど、淋しくなるね」と
サラリと受け流すKさんに、百戦錬磨というか
悟りの境地というか・・・明治女の強さを見た気がしました。

(・・・が、居室で泣いていたそうな・・・(T_T) )

私、この人の死に水取るつもりでいたんですけれど・・・ね・・・


もうひとり、Tさん。
抱き合って泣きました。
「アタシ、もう家に帰る。 だって、変な人(介護員)ばっかり
入ってきて、雰囲気悪いんだもん・・・」

もう、「ごめんなさい」としか言えませんでした。


けど、共通して言われたこと。
「忙しくてもう嫌になっちゃったんでしょ?」
「お昼ご飯食べる暇もないもんね?」


・・・そうじゃない。そうじゃないよ。
そんなことはたいした問題じゃない。
言うに言えないけれど、根本的な問題は
そんなに簡単なことじゃない。


・・・あそこが終の棲家。
本当にお気の毒だと思います。
posted by おでこ at 23:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

最後の奉公

突然ですが、今月末で職場を去ります。

・・・といっても、明日は休みで明後日は有休。

ですので今日が最後の勤務となりました。


最後の日だというのに、相変わらず朝から飛ばしっぱなしでフル回転。
おまけに、新しい実習生のお世話(?)もあり・・・(-_-;)

家に帰り着いたら、ひどい耳鳴りで右耳は音が聞こえず
腰は痛いし手首は痛いし、眠いし・・・
自転車置き場で、思わずふらついてしまいました(-_-;)

とても疲れていますので、今日はこれまで。
詳細は後日(?)・・・
posted by おでこ at 23:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

エンドレス?

今日、やっと実習生の実習が最後の日を迎えました。

あぁ、それなのに・・・

明後日からまた新しい実習生の一団が押し寄せるとのこと。

いったい何なのでしょう?

壮大なスケールの青田買いとか?


・・・今日なんて、立ったまま眠れそうなほど疲れてるんですけど・・・
posted by おでこ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

実習生さん:2

実習生のおばちゃん。
明日が最終日です(やっと!!)

この方、以前は歯科衛生士だったんですって。

・・・だったら、口腔ケアのやり方なんか見てニヤニヤしてないで
逆に教えて下さいよ?

で、前職は、なんと「おくりびと」だったんですって!

それなら「清拭の仕方を教えて」なんて言わないで下さいよ?
あなたのほうがプロなんじゃないですか?

・・・まったく、人が悪いというかなんというか・・・(-_-;)

いやんなっちゃう、もう。。。
posted by おでこ at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

いけないことなのはわかっています

わかっていますが・・・


胃ろうで寝たきりの利用者さん。エアマット使用。
自力排便はできません。

便秘が続くと3日目に浣腸をして排便。
浣腸したあと30分位で反応便が出るので
頃合いを見計らってオムツ交換&陰部洗浄。
お尻が汚れっぱなし、なんてことはあり得ないので
褥創ができることもなくすごされてきた利用者さん。


最近はおたんこナースが浣腸を面倒がって
胃ろう注入の時に一緒に下剤を入れるので
いつ便が出るのかもわからず、出れば多量の水様便なので
口のきけない利用者さんは、便の海のなかに
横たわって、ひたすら誰かが気づいてくれるのを
待つしかない状態。

当然、臀部の皮膚もだんだんトラブル肌になってきます。
このままではいずれ褥創の再発になるでしょう。

看護師に、下剤でなく浣腸に戻すように頼んでも
「上から薬かけて全部出すほうが気持ちいいのよ」と、馬の耳に念仏。
この状況を施設長に話し、
「何故エアマットを使用されているのかわかりますよね?」と
詰め寄ったのは、たぶん去年。
今も、状況はちっとも変わっていません。


悩みに悩んだ末、反則行為と承知の上で
ご家族に全てを話してしまいました。
そして「便の海に寝ている場面を目撃した」とか
「オムツ交換の時にお尻を見たら肌が荒れていた」とか
理由はなんとでもつけて
「下剤ではなく浣腸に戻してほしい(便が出たらすぐ対応できるから)」と
施設長に直談判してもらえませんかとお願いしました。

お母様(利用者さん)のことをとても大切に考えて下さっている
ご家族なので快諾してくださり
「もっと早くに言ってくださってよかったのに・・・」
「ありがとう」
「誰から聞いたとか、絶対言いませんから」
とまで言って下さいました。

これで施設側がどう動くのかはわかりませんが、
利用者さんの苦しみが、ひとつでも少なくなることを祈るだけです。



しつこいですが、良くないことをしたのは承知していますし
施設の信頼を落としたのもわかっています。

でも、黙って見てはいられませんでした。



posted by おでこ at 23:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

実習生

どこにそんな余裕があるのか知りませんが
うちの施設、今月からヘルパー2級取得を目指す方の
実習先として、実習生を受入はじめました。

先週末から、うちのユニットにも実習生さんが来ています。
一週間も実習するんですって・・・・

今日は実習3日目。
初めて先生役をやりました。
正直、疲れるし、かったるいです。
やる気のあるのは良いことですが、自分の立場(無資格者)を
わかってください・・・って真剣に思う場面が3回ありました。


実習生なんか受け入れてる場合じゃないと思うんですけれど・・・ねぇ?
posted by おでこ at 23:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

黙して去るか否か

職場でちょっとした論争になりました。

「自分が退職する(結婚退職などではない場合)とき
辞めることを利用者さんに話して行くか、黙っていなくなるか」

私は、これまで「話して去る」ほうで、
それが当たり前だと思っていたのですが

「そんなのナンセンス!」という意見が複数あり、
びっくりしました。

「利用者さんが悲しんだり落ち込んだりするくらいなら
自分は黙って去る。辞めたことは、いずれわかる」

そう・・・か。
言われてみればそれも一理ある。

でも、黙って去ったら利用者さんは置いてけぼり(?)になった
ような気がするんじゃない?

なに言ってるの。 「私辞めます」って言ったほうが
よっぽど置いて行かれる気分になるよ。

・・・う〜?
どっちなんだろう?

皆さんは、どう思われますか?
・・・というか、自分だったらどうされますか?
posted by おでこ at 23:49| Comment(7) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

世も末とはこのこと

昨日の今日でなんですが・・・

昨日の記事の続編です。

週末、私が休んでいる間に、またGOサインが出たそうです。
胃ろうの方の経口摂取・・・
ご家族の希望もあるからってことで。(-_-;)

土曜、日曜とおたんこナースの介助により
ゼリーやらとろみのコーヒーやら、呆れるくらいの量を食べさせたと・・・

それに・・・調子に乗ったおたんこナースは
「ほら!見て!イケるじゃない!」と
塩煎餅を食べさせ、とろみ無しのお茶まで飲ませたとか。

もう、開いた口がふさがらず・・・

私は、検査なしでの経口摂取には絶対に反対ですが
百歩譲ったとして、経口摂取をすすめるにしても
最初は、おちょこ1杯のゼリーから・・・とか
無理のない程度から始め、様子をみながら徐々に量を増やす・・・と
いうのが妥当な方法であると考えます。

しかし、おたんこナース、何の計画性もなく思いつくまま
手当たり次第に口に押し込んでいる様子。
量とか、食べさせる物なんかについても、何も考えていないでしょ?

後で聞いたら利用者さん、「あたしだって気ぃ使って食べてるのよ」と
言っていたそうです。(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)

もう、このままでは遅かれ早かれ死人が出ることでしょう。

施設長に文句言いに行ったら、この事実を「知らない」と仰った。



早く退職願を書かなくては・・・
posted by おでこ at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

ホラみろ!

以前、胃ろうの方に
おたんこナースがゼリーを食べさせて・・・
という話を書きました。

おたんこナースは、その後、週に1回、回診に来る
ドクターにもゼリーを食べさせる光景を見せ、
ドクターも、おたんこドクターなのでそれを黙認して・・・(-_-;)

当面、食べ物の経口摂取は医務サイドで行う・・・とのことだったので
もう、勝手にしなさいよ。死んでもしらないよ状態だったのですが・・・


天は我々を見放していなかった!!

利用者さんのかかりつけドクターから、
「経口摂取? 冗談じゃない!」
と、こっぴどく叱られたそうです。
おたんこナース。

ほら、みなさい。
誰が考えたってそんなやり方おかしいのよ。

ザマーミロ!

おたんこナースよ、恥を知りなさい。

posted by おでこ at 19:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

ほんとにおたんこナース!

元日に出勤して以来、5連休していました。
今日、久しぶりに出勤したら・・・・


ちょっと便が出ない人には誰彼かまわず下剤をかけたようで・・・
ナースが・・・ふらふら

開ける人開ける人、次から次へ便の嵐。
いや、それはいい。
しかし、寝たきりの人が泥状便で2度も更衣が必要になるなんて
なんでそこまで?

寝たきりなんだから、自分ではどうにもできないんだよ?

便の始末をするのは時間がかかるし、確かに面倒。
だけど、そういう事で文句をいいたいのではなく・・・

度重なる泥状便のため、オムツのみなさんのお尻は
真っ赤。 「痒い!」と仰ってる。
陰部洗浄して、着替えても、また便が出てる。

ナースのくせに、褥創つくりたいのか?

浣腸する時間がないから下剤?
下剤で中から全部出してあげるのがいいだと?

自分たちが楽したいだけじゃないのぉ?

なんだか、自分の要求を言葉にできないような人ばかりが
ひどい目にあわされているような・・・

こんなところが終の棲家だなんて利用者さんが本当にお気の毒です。

あんな施設、潰れちゃえ〜!

posted by おでこ at 23:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。