2009年01月29日

red cliff 〜心・戦〜




もう、すっかりハマッてしまっているレッドククリフの
テーマ曲です。

ちょうど映画を観た日に、
神様のもとで修行を積んでいる神主さんに会い、
「あなたは頂点に立つ人」
なんて言われてしまったもので、すっかりその気に・・・(苦笑)

でも、「足元をすくわれやすいので、常に足元を注意しておくように」
ですって。

笑うに笑えないようなことを言われ・・・

ま、一応聞いておきましたが、そんなの関係ねぇ!
っていうか・・・・
自分の運命は自分で決めたいのでそこんとこよろしくね?
と、思いました。。。
posted by おでこ at 18:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

映画観ました

090126_1158~01.JPG


ずっと観たかった映画「レッドクリフ」(三国志)観てきました。
三国志には以前から興味はありましたが本を読んだことはありません。
なぜなら、登場人物名が混乱してしまうから・・・(^^;)

諸葛孔明はともかく劉備、孫権、周喩、関羽、張飛、曹操・・・
誰が誰の家臣で、誰と闘っているのか?
そして八卦の陣とは何?

読めば読むほど脳みそが溶けそうになり(?)ほったらかす(-_-;)
食べてみたいけれど食わず嫌いって感じかしら?

今回、映画を観て(パート2に続いているので結末はおあずけですが)
わかりましたよ。誰が敵対しているのかも
八卦の陣の陣形も・・・
この陣形については、文字でみるより映像をみたほうが
はるかにわかりやすいし、「おおぉ!」と思います。
孔明の頭の良さがよくわかります。


そして、結局そこかよ!とつっこまれそうですが
中国映画なのに孔明役で登場するのは金城武。

もう、かっこいいの一言です。
中国語を操り、目や口元で演技する。
金城武、惚れました・・・

パート2も絶対観ます!揺れるハート



蛇足ですが、理解できないだろうなぁと思いつつも
娘も一緒に連れてゆきました。
中国語の音声で字幕、しかも難しい漢字続出。
案の定、字幕を追うことは途中で諦めたと言っていましたが
世界史の勉強だと思えば・・・

魏・呉・蜀 とか 孔明とか、絶対 教科書に載ってましたから・・・

娘、なんとなくは理解した様子。

中学に行って世界史に触れた時の下地、一部設置完了・・・か?(苦笑)
母のもくろみ、無事に芽が出るといいけど。。。
posted by おでこ at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。