2010年02月09日

施設で、利用者さんと一緒に畑を作ろうという意見がでました。

ただただお遊び企画大好きな、隣のユニットリーダーが言い出しっぺ。

けど、畑というくせに駐車場脇にプランターを置くだけ・・・とか。
誰がどうやって世話するのかも何も提案ナシのまま
ただ「やりたい」「気分転換に」の一点張り。

利用者さん自身が腰が痛いだの足が痛いだので「できない」って
言っているのに。

このまま見切り発車して、事故が多発してNGになるんじゃないかな?


だいたい、万年人手不足なんだから、そこのあたりがクリアできなければ
無理に決まってるじゃないですか?


ホント、訳のわからない職場です。。。
posted by おでこ at 23:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

安全地帯

先月末、また、飲酒運転の車が居酒屋に突っ込み、
死傷者が出るという事故がありました。
入り口付近の席にいた、2名の方が亡くなりました。


以前、おでこ地方の、1階と地下1階が居酒屋という店で火事があり
開店直後だったため客はいなかったのですが、
厨房から火が出たとのこと。
厨房は地下1階にあり、地上へ続く階段の下が厨房。
だから、この場合、地下にいたら逃げ遅れた可能性がある。

入り口付近も、店の奥も危ない?
安全地帯はいったいどこなのか・・・


前に、南米とか発展途上国で仕事をしたことがある看護師さんのブログに
「レストランに入るときは絶対に窓際(通り沿い)の席には
座らない。なぜなら、外に停まった車がいきなり爆発するかもしれないから
(爆弾テロ)・・・

また、店に入ったときには必ず、何かの時のための逃走経路を
あらかじめ考えておく・・・

日本ではそんなことしている人はほとんどいないけれど、
それは平和ボケというものだ・・・と書いてあるのを
読んだことがあったけれど。

日本でも、そういうことを頭に入れて行動しなければならない
時代が来たのかしら・・・?
posted by おでこ at 23:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

調べもの

台所を片付けて、明日のお弁当のお米をといで…
タイマーをセットしたら、やっとPCタイム!
…と思ったら、娘が今から火山ガスについて調べる…と。
なんでこのタイミングで言うかなぁ〜?

ムカつきつつ、勉強じゃ仕方ないので譲る。
本日のブログは携帯から投稿 (; ̄_ ̄)=3
posted by おでこ at 22:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

覚え書き


時間は作るもの
「時間がない」という裏には
「覚悟がない」が潜んでいる


本当にそうだと思う。
posted by おでこ at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

ね〜む〜い〜

今月から、仕事の時間を朝30分早く、夕方30分長く・・・
要するに今までより1時間多く働くことにしました。
朝30分早いのはきつい!!

おまけに今週は、木曜以外は全部出勤。
火曜日は1日中風呂介助だったので
疲れました・・・

朝寝坊してはいけない、という緊張感からか
妙にテンションも高くて
自分のことながら、もうやめて・・・って感じ。

眠りについたら、3分で朝になっているような気がします。(^_^;)
posted by おでこ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

義歯

突然ですが、あなたは施設の介護員です。
夜勤中です。
夜も明け、ぼちぼち皆さんが起き出す時間帯。
夜明かししているので疲れも出てきています。

認知症のある、徘徊じいさん(総入れ歯)の部屋のポータブルトイレを
覗いてみたら、便がしてありました。
片付けようとバケツ部分を取り外し汚物室へ運ぶ途中、
なにかカラカラと音がします。
よく見ると、便の中に義歯(上)が!

さて、この後、あなただったらどうしますか?


この時の夜勤者は、慌てて義歯(上)を取りだし、
汚物室でバケツの中身を捨てて流しバケツをきれいにして戻りました。

この後に騒動が起こるのですが・・・

朝食の時間になって・・・下の義歯がどこにもない!
布団の下やタンスの中、他の利用者さんの部屋・・・
どこをどう探してもみつからない。
どこいっちゃったのでしょう?下の歯。

私は義歯使っていないし、認知症の方が何をするかはわからない・・・
というのは理解しているつもりです。
でも・・・義歯って、上と下とを別のタイミングではずすのかなぁ?
便器の中に上の歯が入っていたなら、下の歯もその中では?
と、疑ってみてもよいのでは? そう思います。
便やトイレットペーパーに隠れて見えないってこともあるわけだし。
私なら手袋して、もしくはトイレブラシで便をつつき回し
他にもなにか入っていないか確かめるけどなぁ・・・


夜勤者は、特に確認せずに便を流してしまったようで・・・
(汚いものなので、早く目の前から消したい気持ちはわかるけど)


けど・・・
この夜勤者、「自分は悪くない」と思っているんだよね。
皆があちこち義歯を探し回っている時も、自分は探しもせず
記録にも詳細に書かない。
その上「徘徊じじいの野郎! じじいのせいで余計な仕事が増えた」と
怒っている。

ムッカ〜!!

思わす言っちゃいましたよ。
「それはじじいが悪いんじゃなくて、あなたが確認しなかったから
こうなったんだよね?」
「記録も、そんなサラッとした書き方じゃ状況が解らないから
事故報告書にはもっと詳細に書いてね」

夜勤者「はい、わかりました」と言ったくせに
サラリとした報告書を書いてサッサと帰って行きました。


その後、家族に連絡したら、じじいは普段から帰宅願望が強いのに
ろくに面会にも来ない家族がすぐに飛んできた。
「あの義歯は3年前に作ったばっかりだったんですよね」(ホントか?)
じじい、90歳過ぎてます。
今から新しく作っても、ぶっちゃけあと何年かしか使わない?
・・・そりゃ、ご立腹でしょう。
当たり前ですよね、総入れ歯なんだし。
そうでなくても、最近食事時にはむせこみがみられるように
なっているのに。
食事形態を、粥と、刻んだおかずに替えているけれど
それだけでいいのか?

そこのリーダー曰く「上の歯だけ使ってもらっています」と言うけれど
うちの母に聞いたら、上だけ義歯で、下は歯茎のままだなんて
歯茎に固い物が直接当たるんだから痛いよ?とのこと。

あぁ、もう。これでいいのか?うちの施設。


しかも・・・最も嫌なのは・・・


この夜勤者が、先日「痛み止め」と間違えてハルシオン飲ませ
利用者さんを転倒骨折させたのと同一人物だということ。

母ちゃんが主任だからって、いい気になってるなよ!

全然反省してないだろ?
いい加減にしろよ!


もう、夜勤やらないでほしい。
・・・ってか、退職願いたい。



施設では、妙なところにポンと置いてある丸めたティッシュなんかも
中身を見てみないと怖くて捨てられない私って、細かすぎ?





posted by おでこ at 20:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

ブタ!

100127_1739~01.JPG



これがほんとの豚まん!

耳の茶色いほうがギョーザまん。
黄色いほうはピザまんでした。

こんなん大好きです(^o^)
posted by おでこ at 23:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

積雪

100202_0806~01.JPG梅が咲いた…と言ったばかりなのに雪です。

おでこ地方、この程度の雪でもパニックですf^_^;
posted by おでこ at 21:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

良いことがあるかも・・・




良いことがありそう・・・と思う瞬間。
私は、行く手の信号が全て青で、一度も赤信号に
引っかからなかった時とか。。。
4位と、ほぼ同じ。

ありきたりですね^^;
posted by おでこ at 22:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

心の声

金曜日、とっても落ち込むことがありました。

四肢麻痺で、気難しく我が儘な利用者さん。
ここでも何度か書きましたが・・・

お風呂から戻ってきて、ちょうどユニットに届いていた
おやつの介助をして、車椅子を居室に押して行き
テレビの前の定位置につけてブレーキをかけ
「これで大丈夫ですか?」と声をかけて
リビングに戻ろうとしかかった時
利用者さんが「おでこさん」と呼びました。

「はい?」

「来月は私の誕生日」

そうですよね・・・と言おうとした瞬間、利用者さんは

「そして私の命日!」
叫んで急に泣き出したのです。

この方、脳幹出血で不自由な体になられました。
たぶん、2月に倒れられたのだと思います。

「49歳の時にこんな体になった!」(現在63歳)
「2〜3年だろうな・・・って思っていたら、こんなに生きちゃって」
と、辛そうな顔をなさる。


この方、地元の有名高校を主席で卒業し、W大学に入学。
その後も華々しい道を歩んできた方。
普通に話をしていても、頭の良さが伝わってきます。

そういう人が、若くして四肢麻痺、左目の視力と左耳の聴力も
失い、言語不明瞭。他人よりずっとプライドが高いのに
自分でできることはごくわずかしかない生活。

どんなに辛いか、なんて本人以外にはわかり得ないことでしょう。



普段、周囲のことには我関せずで、自分の方針を貫き通し
悪い言い方をすれば「俺様」状態で、もちろん泣いたことや
弱音を吐いたことなどなく、強く生きている人が
思いがけない時に思いがけない姿をさらしている。
いわゆる「感情失禁」というのはこういうことなのか?


「辛い」ってことがビンビン伝わってきているのに
私はどんな言葉をかけて良いのかも判らず
ただ彼の肩を抱いて、自分も一緒にウルウルべそをかくことしか
できずにいました。

少しすると、利用者さんはいつものようにテレビのスイッチを入れ、
いつものように「どうも」と言いました。

「○さんがいなくなったら私はイヤです。長生きしたくないなんて
言わないでください」なんて、バカみたいなことしか言えず
居室を出ました。。。

その後、私は平静を装っていましたが動揺が治まらず、
ず〜っとドキドキしたまま。
さっきのことを記録に残している時も涙出そうになるし。(/_;)


夕方、帰る前に利用者さんの居室に顔を出し
「大丈夫ですか?」と聞くと
「何が?」という表情の利用者さん。
「さっきは私、もの凄くビックリしたんですから」と軽く睨んでみた。
利用者さん、ニヤリと笑みを返してきました。
・・・とりあえず、もう大丈夫みたい。。。

でも私は、家に帰っても気持ちを引きずったままです。
2日経って、やっと自分も落ち着いたけれど・・・

普段、他人に見せない感情に触れてしまったのに
私にいったい何ができるのでしょう?

ただ、長生きしてねとか、そんな空々しいありきたりの言葉は
かけたくない。でも、ほっておけない。
どうすれば良かったのか?


「誕生日プレゼント、何がいいですか?」と聞いても
「別に・・・」ととりつく島もない返事。
なにか・・・すっごく意外ですっごく喜んでもらえるような
プレゼントってないかな・・・?


私、人の心のことには興味はあるけれど
臨床心理士とかカウンセラーには絶対向いていないと思う、今日この頃。
posted by おでこ at 17:12| Comment(5) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。